ホーム > 巡回特許庁 in KANSAI(神戸・和歌山)

知財のミカタ(平成29年度巡回特許庁)トップページへ

知財のミカタ~巡回特許庁 in KANSAI(神戸・和歌山)~  開催場所:神戸市・和歌山市

開催概要

開催時期 平成30年1月19日(金)~2月16日(金)
開催場所 神戸市、和歌山市
主催 特許庁、近畿経済産業局
共催 農林水産省(農林水産の地域ブランドプロモーションセミナーのみ)、(独)工業所有権情報・研修館(INPIT)
後援(予定) 福井県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、神戸市、(一社)日本知的財産協会、日本弁理士会、
日本弁護士連合会、弁護士知財ネット、(公社)関西経済連合会、関西商工会議所連合会、日本弁理士会近畿支部、
弁護士知財ネット近畿地域会、中小機構 近畿、和歌山県商工会連合会、兵庫県商工会連合会、兵庫工業会、
(一社)和歌山県発明協会、(一社)兵庫県発明協会

開催スケジュール

日時 イベント内容 開催地 リーフレット
1/19(金)13:00~17:00 医看工芸連携シンポジウム in 神戸
医療・福祉機器開発×デザイン×知的財産

(九州経済産業局「中小企業知的財産活動支援事業費補助金」事業)
神戸市 神戸
巡回特許庁in KANSAI(神戸)のチラシ

和歌山
巡回特許庁in KANSAI(和歌山)のチラシ
模擬口頭審理
模擬口頭審理in神戸のチラシ
1/23(火)13:30~16:20 劇仕立て!模擬口頭審理(特許)・面接審査フル活用セミナー 神戸市
1/30(火)13:30~17:00 知財シンポジウム ~真のイノベーションを起こすための知財活用~ 神戸市
1/30(火)10:00~17:00 臨時相談窓口 神戸市
2/2(金)13:30~17:00 知っておきたい! IoT・メディカル分野の特許出願動向&審査基準セミナー 神戸市
2/9(金)13:30~17:00 次の一手を考えるためのパテントマップ活用法
~知財データ分析を活用した事業戦略の立て方~
神戸市
2/5(月)13:30~17:00 農林水産の地域ブランドプロモーションセミナー 和歌山市
2/5(月)10:00~17:00 臨時相談窓口 和歌山市
2/8(木)13:30~17:00 バイオマスセミナー in 和歌山(近畿経済産業局庁費事業) 和歌山市
2/15(木)13:30~17:00 化学・食品分野の企業必見!
利益を出すために押さえておきたい技術の守り方、活かし方
和歌山市
1/19(金)~2/16(金) 出張面接審査 近畿地域全体

お申込みについて

※定員となり次第、締め切らせていただきます。

 申込みフォーム:「お申込み」ボタンよりお申し込み下さい。

インターネットからのお申込み
 ほかに電話、EメールFAX(神戸)FAX(和歌山)でもお申し込みいただけます。

お問い合わせ先

平成29年度 巡回特許庁運営事務局(一般社団法人発明推進協会)
担当:渡邉、二見
TEL 03-3502-5441 FAX 03-3504-1480 

神戸市のイベント

医看工芸連携シンポジウム in 神戸
医療・福祉機器開発×デザイン×知的財産

九州経済産業局「中小企業知的財産活動支援事業費補助金」事業

医療・福祉・看護・デザインの専門家と連携した医療機器開発をテーマに、医療現場におけるデザインの重要性を発信します。

日程

平成30年1月19日(金)13:00~17:00

会場

アリストンホテル神戸 16階 バルセロナ(神戸市中央区港島中町6-1)

定員

100名

参加費

無料

プログラム
オープニング 「デザインと知財の重要性について」京都市立芸術大学美術学部 教授 辰巳 明久氏
講演 1.「医療現場からの産学連携」
  大分大学医学部附属臨床医工学センター 教授 穴井 博文氏
2.「企業の事業戦略に有益なデザイン(意匠)の保護と活用戦略について ~知財ミックスの重要性~」
  藤本昇特許事務所 所長 弁理士 藤本 昇氏
3.「医看工芸連携に関与する人が知っておくべき知的財産の知識」
  大分大学産学官連携推進機構 教授 富畑 賢司氏
4.「混ざる文化と気づきと学びの場の創出」
  株式会社Studio Gift Hands 代表取締役 三宅 琢氏
  株式会社山崎健太郎デザインワークショップ 代表取締役 山崎 健太郎氏
パネルディスカッション テーマ:「医療・福祉機器開発×デザイン×知的財産」
モデレータ:京都市立芸術大学 教授 辰巳 明久氏
パネリスト:○大分大学医学部教授 穴井 博文氏
○藤本昇特許事務所 所長 弁理士 藤本 昇氏
○株式会社Studio Gift Hands 代表取締役 三宅 琢氏
○株式会社山崎健太郎デザインワークショップ 代表取締役 山崎 健太郎氏
クロージング 「医看工芸連携活動の重要性と、新たな参入チャンス」
大分大学産学官連携推進機構 教授 富畑 賢司氏

※10:20~11:30 神戸アイセンター施設見学会(定員30名 見学会のみの参加はできません)

詳細・お申込み:専用WEBサイトをご覧ください。

http://hamiq.kitec.or.jp/html/news/20171211.html

劇仕立て!模擬口頭審理(特許)・面接審査フル活用セミナー
日程

平成30年1月23日(火)13:30~16:20

会場

神戸芸術センター 504(神戸市中央区熊内橋通7-1-13)

定員

100名

参加費

無料

時間 プログラム
【第1部】模擬口頭審理(特許)
13:30~14:10 審判制度説明 審判の口頭審理なんて難しそう…?
そんな皆様に、特許庁職員が劇仕立てで、口頭審理の流れをわかりやすくご紹介します。
知財紛争リスク対策としての審判制度の活用方法についても説明します。
14:10~15:20 模擬口頭審理
【第2部】面接審査フル活用セミナー
15:30~16:20 面接審査セミナー 面接審査の基本的な流れから、地域ユーザー向けの最新の施策まで(出張面接審査、テレビ面接審査、地域拠点特許推進プログラムなど)紹介します。
これをきっかけに面接審査を活用して、ビジネスで役立つ特許を取得しましょう。
リーフレット

こちらから

お申込み:「お申込み」ボタンよりお申し込み下さい。

インターネットからのお申込み

知財シンポジウム ~真のイノベーションを起こすための知財活用~

イノベーションを起こすには、新しいアイデアがビジネスとして社会に実装され普及される必要があります。その手段として、中小企業を介した大学技術の事業化や、小さく始めて大きく育てるベンチャー企業のアプローチに注目が集まっています。このシンポジウムでは、最前線で活躍されているプロフェッショナルから現場の声をお届けします。

日程

平成30年1月30日(火)13:30~17:00

会場

神戸国際会館 9階 大会場(神戸市中央区御幸通8-1-6)

定員

150名

参加費

無料

時間 プログラム
13:30~14:20 基調講演 「イノベーションに向けた新事業創出・海外展開
 ~洸陽電機の知財・イノベーション分析と今後の戦略~」
株式会社洸陽電機 代表取締役社長 乾 正博氏
14:30~15:15 基調講演 「イノベーションに向けたベンチャー起業活性化について」
神戸大学大学院 科学技術イノベーション研究科 副研究科長・教授 忽那 憲治氏
15:25~17:00 パネルディスカッション 「新しいアイデアの社会実装のアプローチとそれに伴う知財活用上の課題」
モデレータ:神戸大学大学院 科学技術イノベーション研究科 副研究科長・教授 忽那 憲治氏
パネリスト:○神戸大学大学院 科学技術イノベーション研究科 教授 坂井 貴行氏
○スペクトロニクス株式会社 代表取締役社長 岡田 穣治氏
○日光化成株式会社 代表取締役社長 利倉 一彰氏
お申込み:「お申込み」ボタンよりお申し込み下さい。

インターネットからのお申込み

併設 臨時相談窓口(神戸市)

アイデア段階から事業展開まで、知的財産に関する相談を受け付けるINPIT知財総合支援窓口の臨時窓口を開設します。知的財産は難しい…話しづらいと思っていらっしゃる方、是非この機会にお気軽にご相談ください。また経営上のあらゆる悩みの相談に対応するよろず支援拠点の臨時窓口もあわせて開設します。

日程

平成30年1月30日(火)10:00~17:00

会場

神戸国際会館 901(神戸市中央区御幸通8-1-6)

参加費

無料

お申込み:「お申込み」ボタンよりお申し込み下さい。

インターネットからのお申込み

知っておきたい! IoT・メディカル分野の特許出願動向&審査基準セミナー

IoT(Internet of Things)関連の研究開発、ビジネスへの応用が急速に進んでいる今日。一方で、遺伝子を自由に改変できる「ゲノム編集技術」のメディカル応用に向けた研究も注目されています。今後、ますます成長が見込まれるこの2大トピックについて、審査基準や出願状況、研究開発の動向を掴み、今後のビジネス機会のヒントを得ませんか?

日程

平成30年2月2日(金)13:30~17:00

会場

神戸国際会館 9階 大会場(神戸市中央区御幸通8-1-6)

定員

150名

参加費

無料

時間 プログラム
13:30~14:40 「特許出願技術動向調査(IoT関連テーマ、ゲノム編集)概要」
特許庁総務部企画調査課、審査第三部
14:50~17:00 「IoT関連技術及びライフサイエンス分野の審査基準概要」
特許庁審査第一部調整課審査基準室
お申込み:「お申込み」ボタンよりお申し込み下さい。

インターネットからのお申込み

次の一手を考えるためのパテントマップ活用法
~知財データ分析を活用した事業戦略の立て方~

製品開発や戦略的な知財活動に役立つ特許マップと意匠マップの活用方法を初心者の方にもわかりやすく解説したうえで、人工臓器の分野の出願状況や研究開発の動向を紹介します。今、注目されている、経営戦略に知財分析を活かす「IPランドスケープ」に取り組んでみませんか?

日程

平成30年2月9日(金)13:30~17:00

会場

神戸国際会館 9階 大会場(神戸市中央区御幸通8-1-6)

定員

150名

参加費

無料

時間 プログラム
13:30~15:00 「パテントマップ概論」
サン・グループ代表/株式会社ネットス 代表取締役社長 藤本 周一氏
15:15~16:15 「意匠マップについて」
特許業務法人藤本パートナーズ 弁理士 石井 隆明氏
16:30~17:00 「特許出願技術動向調査(人工臓器)概要」
特許庁審査第二部
お申込み:「お申込み」ボタンよりお申し込み下さい。

インターネットからのお申込み

和歌山市のイベント

農林水産の地域ブランドプロモーションセミナー

地場産業活性化に向けた取組が各地域で進む中、農林水産資源の豊富な近畿においてこれを活用しない手はありません。このシンポジウムでは、特許庁が所管する地域団体商標制度、農水省が所管する地理的表示保護制度を紹介しつつ、地域資源を用いた地場産業活性化に繋げるために必要なことについて、皆さんと一緒に考えたいと思います。

日程

平成30年2月5日(月)13:30~17:00

会場

ホテルアバローム紀の国 2階 鳳凰の間(和歌山市湊通丁北2-1-2)

定員

100名

参加費

無料

時間 プログラム
13:30~13:35 主催者挨拶 特許庁審査業務部長 花木 出
13:35~13:40 来賓挨拶 和歌山県 商工観光労働部長 山西 毅治氏
13:40~14:25 基調講演 「効果的な農林水産品プロモーションと知的財産の必要性について」
スターフードジャパン株式会社 代表取締役 新古 祐子氏
14:25~14:45 制度説明 「地理的表示(GI)保護制度について」
農林水産省食料産業局知的財産課 課長 杉中 淳
14:45~15:05 制度説明 「地域団体商標制度について」
特許庁審査業務部商標課 地域ブランド推進室長 森山 啓
15:20~17:00 パネルディスカッション 「ブランド×知的財産×プロモーション」
コーディネータ:杉本特許事務所 所長 杉本 勝徳氏
パネリスト:○スターフードジャパン株式会社 代表取締役 新古 祐子氏
○JAありだ 営農販売部 部長 上田 浩晶氏
 (地域団体商標「有田みかん」)
○JA全農 京都府本部 農畜産部園芸課長 田中 淳平氏
 (地域団体商標・GI登録「万願寺甘とう」)
○農林水産省食料産業局知的財産課 課長 杉中 淳
○特許庁審査業務部商標課 地域ブランド推進室長 森山 啓
お申込み:「お申込み」ボタンよりお申し込み下さい。

インターネットからのお申込み

併設 臨時相談窓口(和歌山市)

アイデア段階から事業展開まで、知的財産に関する相談を受け付けるINPIT知財総合支援窓口の臨時窓口を開設します。知的財産は難しい…話しづらいと思っていらっしゃる方、是非この機会にお気軽にご相談ください。また経営上のあらゆる悩みの相談に対応するよろず支援拠点の臨時窓口もあわせて開設します。

日程

平成30年2月5日(月)10:00~17:00

会場

ホテルアバローム紀の国 5階 カトレア(和歌山市湊通丁北2-1-2)

参加費

無料

お申込み:「お申込み」ボタンよりお申し込み下さい。

インターネットからのお申込み

バイオマスセミナー in 和歌山

近畿経済産業局庁費事業

地域活性化等の手段としてバイオマス資源の利活用促進を図るべく、バイオマスに関する有望な事例、知的財産等を紹介し、自治体、企業、大学等が連携して事業化を行う契機となるセミナーを開催します。バイオマス利活用ビジネスにご関心のある方、必見です。

日程

平成30年2月8日(木)13:30~17:00

会場

和歌山県勤労福祉会館プラザホープ 4階 ホールB(和歌山市北出島1丁目5-47)

定員

100名

参加費

無料

時間 プログラム
13:30~14:30 基調講演「廃棄する農林水産物を原料としたバイオマス利活用技術の実用化例」
三重大学大学院生物資源学研究科 生物圏生命科学専攻 教授
 兼 先端科学研究支援センター バイオインフォマティクス部門長 田丸 浩氏
14:30~15:50 <企業、自治体、研究機関によるバイオマス実践事例紹介>
株式会社洸陽電機 代表取締役社長 乾 正博氏
株式会社石橋 代表取締役社長 石橋 幸四郎氏
和歌山県工業技術センター 食品産業部主査研究員 中村 允氏
日高川町 企画政策課 定住促進室長 西 晃史氏
15:50~16:30 <国の関連施策等紹介>
「バイオマス産業都市の推進」
近畿農政局 バイオマス事業係長 藤本 泰範氏
「近畿地域の次世代型バイオマス利活用技術に関する大学等知財活用調査普及啓発事業」
近畿経済産業局環境・リサイクル課長 前原 誠
16:30~17:00 質疑応答、名刺交換会
お申込み:詳細は以下の案内ページをご覧ください。

近畿経済産業局ホームページ

化学・食品分野の企業必見!
利益を出すために押さえておきたい技術の守り方、活かし方

化学・食品分野は、技術の強みが製造プロセスにあるため特許出願を控えてノウハウ管理したり、企業間取引が中心であるため商標権や意匠権を活用したブランド化がしにくい分野です。その反面、医療分野などへの応用範囲も広く、他社との差別化ができれば市場開拓・利益確保できるため、知的財産制度を上手く活用していく余地があります。このセミナーでは、そのヒントを学ぶための機会を提供します。

日程

平成30年2月15日(木)13:30~17:00

会場

和歌山県民文化会館 3階 特設会議室(和歌山市小松原通り1-1 和歌山県庁正門前)

定員

100名

参加費

無料

時間 プログラム
13:30~14:15 基調講演 基調講演「知財戦略としての営業秘密管理の重要性」
御堂筋法律事務所 弁護士 高畑 豪太郎氏
14:15~15:00 基調講演 「特許審査における留意点(審査基準の観点から)」
特許庁審査第一部調整課審査基準室
15:00~15:45 基調講演 「企業における知財戦略取組事例」
不二製油株式会社 知的財産室長 横山 等氏
15:55~17:00 パネルディスカッション 「結局、どこまで何をやらなきゃいけないの? 知的財産制度活用のキモ」
モデレータ:近畿経済産業局 知的財産室長 牧 隆志
パネリスト:○御堂筋法律事務所 弁護士 高畑 豪太郎氏
○不二製油株式会社 知的財産室長 横山 等氏
○特許庁審査第一部調整課審査基準室
お申込み:「お申込み」ボタンよりお申し込み下さい。

インターネットからのお申込み

地域全体のイベント

出張面接審査

審査官が地域に出向いて面接審査を行い、戦略的な権利取得を支援します。出願1件からでもお気軽にお申込みください。

日程

平成30年1月19日(金)~2月16日(金)

参加費

無料

お申込み:詳細は以下の案内ページをご覧ください。

面接審査申込みフォーム